メニュー

膀胱炎

大腸菌などの細菌が尿道を遡って膀胱粘膜に感染し、炎症を起こしている状態です。女性は尿道が短いため、男性より膀胱炎になりやすいのです。尿の我慢も要因になるため、忙しい女性の発症もよくあります。疲労や睡眠不足、病気などで免疫力が落ちていると発症しやすく、性交渉もリスク要因になります。抗菌剤を使った治療で多くは数日で症状が改善します。ただし再発しやすいため、生活習慣を改善してリスクを下げることも重要です。特徴的な症状に排尿痛があり、頻尿、残尿感、尿の白濁、血尿などの症状があります。ただし、こうした症状は尿路結石や膀胱がんでも起こるため、膀胱炎を繰り返す場合には一度、泌尿器科を受診することをおすすめします。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME