メニュー

脂質異常症

脂質異常症は、特に急性心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患の原因となります。

悪玉コレステロールといわれるLDLコレステロールは、これまでのご病気や持病、

年齢や喫煙の有無などの冠動脈疾患の危険因子によって管理目標値が異なります。

脂質異常症のみでは症状がないので、健診で指摘されても放っておいてしまう方も

中にはいらっしゃいますが、動脈硬化は進行しますので、放置せずにご相談ください。

食事療法や運動療法のみで経過をみる場合も、定期的な採血検査をお勧めしています。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME