メニュー

腎結石、尿管結石、膀胱結石

尿路結石症は、尿中にできた結石によって激しい痛みや血尿が起きる病気です。中でも腎結石や尿管結石は、カルシウムを主成分とするものが約80%占めており、2005年に日本で行われた全国疫学調査によると、男性で7人に1人が、女性では15人に1人が一生に一度はかかると言われています。結石の出来ている部位によっても異なりますが、突然の激痛(腰背部・側腹部・下腹部など)、鼠径部(そけいぶ)への広い痛み、血尿、吐き気・嘔吐が現れた場合には、尿路結石を念頭において精密検査をする必要があります。尿路結石の原因は多岐にわたっています。先天的なもの、他の病気(前立腺肥大症や尿路感染など)によるもの、水分摂取の不足、食生活の偏りなどが挙げられます。石が小さい場合は、適切な薬剤の投与と水分の摂取、軽い運動で自然排石されることも少なくありません。自然排石が期待できない場合は、連携病院に紹介し手術をお勧め致します。手術方法には、尿道から内視鏡挿入しレーザーで結石を破砕する方法(TUL)と、体外から衝撃波を当てて結石を破砕する方法(ESWL)があります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME