メニュー

骨盤臓器脱

加齢、出産等により、骨盤底筋という内臓を下から支える筋力が弱くなると、子宮や膀胱、直腸などが腟口から飛び出してくることがあります。これらは子宮脱、膀胱瘤、直腸瘤などと呼ばれていましたが、現在はまとめて骨盤臓器脱と言われています。特に力を入れた時だけ飛び出してくるようなときはご自身で押し戻されていることが多いのですが、常時飛び出してくるような場合は生活に大きな支障をきたしてきます。軽いものであればペッサリー等の器具で、重症な場合は手術の適応となります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME