メニュー

精巣がん

精巣癌の発生率は人口10万人あたり1-2人と稀ながんですが、20-30歳の男性に多く発生し、この年代では最も多いがんです。比較的悪性度が高く、早期から転移をきたすことがあるため、なるべく早く治療を行うことが大切です。精巣が痛みを伴わず、大きくなっているような場合は、恥ずかしがらずに泌尿器科を受診してください。触診、超音波検査で精巣がんが疑われた場合は速やかに連携病院へ紹介させていただきます。
精巣がんの約半数は精巣に限局したがんで、手術で取り切ることができます。その後は注意深い経過観察が行われることが多いですが、追加で再発予防の抗がん剤治療を行うこともあります。すでに転移のある進行性精巣がんの場合も、精巣がんは比較的抗がん剤がよく効くため、根治が望めます。ただし、再発の可能性もあり、治療後も定期的な受診は非常に大切です。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME