メニュー

睡眠時無呼吸症候群 SAS

睡眠時無呼吸症候群 Sleep Apnea Syndrome(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に、「無呼吸(10秒以上呼吸が止まること)」の状態が1時間あたり5回以上、または、7時間の睡眠の中で30回以上ある場合に診断される病気です。主に、いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります。

原因

睡眠中に呼吸ができなくなるのは、空気の通り道である気道が塞がってしまうからです。

多くは肥満が原因ですが、やせている方もSASを起こす場合があります。

➀肥満

のどに脂肪が蓄積して気道が狭くなる場合は、気道が狭ままります。

この狭くなった気道を空気が通るたびに大きないびきが起こり、気道が完全に塞がれたときに、無呼吸となります。

②扁桃腺が大きい・下あごが小さい・加齢・閉経後

やせている人でも、扁桃腺が大きい、下あごが小さい、後退しているなどの場合は、気道が狭くなりやすいためSASの原因となります。

閉経後の女性や高齢者の方でもSASは起こりやすくなります。

 

SASと他の病気との関係

睡眠時無呼吸群SASは、様々な病気の原因になるので、適切な診断と治療が必要です。

重症のまま放置していると、命に関わることもあります。

低酸素状態が続くことで心臓や血管に大きな負担がかかるため、心筋梗塞・脳梗塞・高血圧・不整脈 などが起こりやすくなり、死亡リスクが上昇します。

低酸素状態と睡眠不足の影響で、体に過度なストレスが加わると、糖の代謝にかかわる「インスリン」などホルモンの働きが悪くなり、糖尿病や脂質異常症 を招くこともあります。

症状

下記の症状がある方は当院にご相談ください。

  • 就寝中の何度も目が覚める、それによる脳の不眠
  • 昼間の耐えがたい眠気
  • 睡眠時の呼吸の停止(家族などが気づく)
  • 大きないびき(家族などが気づく)
  • 夜間頻尿
  • 眠気に伴う抑うつ症状
  • 起床時の頭痛
  • のどが渇く
  • こむら返り
  • インポテンツ(女性の場合は月経不順)
  • 糖尿病がなかなか治らない

診断

検査キットをレンタル致しますので、自宅で簡単に検査できます(保険診療)

呼吸や血中の酸素の状態などで測定し、睡眠呼吸障害の程度(AHI)を測定します。

・AHIが40以上で眠気などSASの症状が明らかな場合 CPAPの対象となります。

・AHIが20-40 さらに精密検査(PSG検査)が必要 

         PSG検査でAHIが20以上で症状あり CPAPの対象となります。

治療

CPAP装置を使った治療を行っています(保険診療)

➀CPAP療法

AHI40以上で、症状がある場合に、まずお勧めする治療です。

寝るときに鼻にマスクを装着します。気道に空気を送り込み、無呼吸で苦しい状態を改善します。

基本的には、毎月1回以上の受診費用と機器レンタル費用が必要になります。

マスクの調整などは、提携業者からの丁寧な説明がございます。

レンタル費用には健康保険が適用されます。(毎月1回の定期通院が必要です)

②マウスピース

AHI40未満でCPAP適応外の患者様に適応になる場合があります。

③生活指導

飲酒をするとSASが悪化しますので、深酒は控えることをお勧めします。

あおむけではなく、横になって寝ると、症状が改善することがあります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME