メニュー

理念

   皆様の泌尿器と生活習慣病のお悩みを解消して

        毎日の生活を楽しくする。

 

行動指針

①質の高い安全な医療:

 泌尿器科・生活習慣病の専門クリニックとして、質の高い安全な医療を提供します。

②誠実:

 患者様、取引業者、スタッフに信頼される、誠実なクリニックを目指します。

③理解:

 患者様の本当に求めていることを理解し、それにお応えします。

④改善:

 スタッフ全員が専門家として患者様に対応し、現状に満足することなく、改善を続けます。

⑤チームワーク:

 個々の長所を伸ばし他者の短所を補い、チームワークを発揮して、患者様に満足して頂けるクリニックを目指します。

当院の特徴

1. 西武池袋線「富士見台駅」北口正面

  • 富士見台駅北口正面 ファミリーマートの2階です。
  • 駅とほぼ直結であり、交通至便です。
  • ビルにはエレベーターもあり、院内もバリアフリーです。
  • 中村橋駅からも徒歩10分とアクセス良好です。

 

2. 泌尿器科専門医・糖尿病専門医・内分泌代謝科専門医 が在籍

  • 泌尿器科専門医、糖尿病専門医/内分泌代謝科専門医の二人体制です。
  • 当院では泌尿器科の病気と糖尿病などの生活習慣病を一緒に治療できます。
  • 新患の方は、受診する科の担当医師の受付時間内にご来院ください。
  • 症状が比較的落ち着いている方は、どちらの担当医でも対応可能です。

 

3. 温かみのある空間と充実した医療機器

  • 患者様が院内でリラックスして過ごせるように、待合い、診察室、トイレなどを温かみのあるナチュラルな雰囲気の内装にしています。
  • 現在の医療は日々進化しており、患者様の健康を守るためには医療機器の整備が必要です。当院ではレントゲン (骨密度含む) 、エコー、心電図、脈圧計などの一般機器はもちろんのこと、迅速HbA1c検査 (指先採血) 、自動尿定性検査、自動尿沈渣検査、膀胱鏡などを揃えております。CT、MRIにつきましては、当院から徒歩6分に提携画像センター (メディカルスキャニング富士見台) がございますので、必要な時には迅速にCT、MRIを撮影することができます。

 

4. 泌尿器のお困り事と生活習慣病の治療

  • 泌尿器のお困り事、糖尿病などの生活習慣病の治療に力を入れております。
  • 頻尿は生活習慣病と関係することが知られており、泌尿器科と内科の両方の治療が必要です。当院では、泌尿器科と内科の両方のアプローチから治療することが可能です。
  • 泌尿器の病気や生活習慣病でお困りの方は、お気軽にご相談下さい。

 

5. 女性泌尿器科の治療

  • 院長は骨盤臓器脱の手術件数が国内有数の施設にて骨盤臓器脱外来・手術を担当してきた経験があります。
  • 頻尿、尿漏れ、骨盤臓器脱などの女性の悩みにお答えします。排尿の悩みについてを我慢せず、お気軽にご相談ください。

 

6. 泌尿器がんの治療

  • 院長は泌尿器科専門医・指導医、日本がん治療認定医であり、泌尿器がんの治療を行ってきました。
  • 泌尿器がんの発見・治療には豊富な経験はもちろんのこと、医療機器の整備が必要になります。当院はエコー、膀胱鏡、レントゲン等を完備しており、CT、MRIはクリニックから徒歩6分の提携画像センター(メディカルスキャニング富士見台)で迅速に行うことが可能です。これらの検査により病院外来レベルの診断を行うことができます。
  • もし手術や特殊な化学療法が必要な場合には、患者様とご相談の上で、連携病院にご紹介致します。病院での治療が落ち着きましたら、当院でフォローさせて頂きます。
  • 皆様のご不安なお気持ちが和らぐように丁寧な説明を心がけております。
  • 泌尿器がんの発見、治療のお助けが出来ますように医師・スタッフともに日々努力致します。

 

7. ライフスタイルに合わせた糖尿病治療

  • 患者様に豊かな人生を送っていただくためには、合併症の発症を予防すること、発症した合併症は悪化させないことがとても大切です。症状がないのに内服治療をすることが煩わしく感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ご自身とご家族の人生を守るために、早期から治療に取り組んでいただきたいと考えています。
  • 嘱託産業医として企業で働く方の健康管理にも携わってきた経験から、仕事をしながら生活習慣病の治療を継続することも大切に考えております。
  • 忙しい理由は人ぞれぞれです。仕事、職種、勤務形態、介護、育児、学業、部活動、趣味など、患者様それぞれのライフスタイルにあわせた治療の選択をご本人と相談させていただきます。

 

8. 地域医療連携

  • 緊急を要する病気や高度な検査・治療が必要な場合は、近隣の病院との連携に努めます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME