メニュー

前立腺肥大症

前立腺肥大症とは、前立腺が肥大して、様々な排尿の症状を引き起こす病気です。前立腺が肥大する原因は完全にはわかっていませんが、男性ホルモンなどの性ホルモン環境の変化が関与すると言われています。前立腺肥大症を発症する明らかな危険因子は加齢ですが、その他に遺伝的要因、食生活、肥満、高血圧、高血糖、脂質異常などがあげられます。

前立腺の専門的診察は泌尿器科で行います。必ず行う検査としては、①自覚症状の評価、②直腸内指診、③尿検査、④尿流測定、⑤残尿測定、⑥血清PSA(前立腺特異抗原)測定、⑦前立腺超音波検査があり、症例を選択して行う検査としては、⑧排尿日誌、⑨尿流動態検査、⑩血清クレアチニン値の測定、⑪上部尿路超音波検査などがあります。

前立腺肥大症の治療には、大別すると薬物治療、手術治療、保存治療の3つがあります。先に述べた、尿閉、肉眼的血尿、膀胱結石、腎機能障害、尿路感染などの前立腺肥大症による合併症が見られる場合には、手術治療が行われますが、それ以外の場合は、まず薬物治療が行われます。前立腺肥大症の手術治療としては、最近新しい技術が開発され、様々な治療法がありますが、内視鏡手術が標準的な手術として行われます。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME