メニュー

甲状腺

甲状腺とは

甲状腺ホルモンの異常で出現する症状

検査

甲状腺の疾患

 

甲状腺とは

のどぼとけの下にある臓器で、蝶が羽を広げた形をしたような形をしており、

甲状腺ホルモンを産生しています。

甲状腺ホルモンは、全身の臓器で代謝を活発化したり、

成長を促進したりする大切な働きをしています。

全身の甲状腺ホルモンの量は、下垂体より分泌される甲状腺刺激ホルモン(TSH)

によって調節されています。

甲状腺ホルモンの異常で出現する症状

  甲状腺ホルモンが多くなるとき(甲状腺機能亢進症)

   暑がりになる・疲れやすい・体重が減る・息切れ・動悸がする

   下痢になる・手が震える・月経不順になる

   イライラする・落ち着かない

 

甲状腺ホルモンが少なくなるとき(甲状腺機能低下症)

    寒がりになる・疲れやすい・体重が増える・むくむ

 便秘になる・皮膚が乾燥する・脱毛がある・月経不順になる

 無気力になる

 

検査

甲状腺のはれ、甲状腺ホルモンの異状を疑う症状がある場合

① 採血検査

② 甲状腺の超音波検査

を行います。

採血では、甲状腺機能、自己抗体などを測定します。

甲状腺の超音波検査は、平日14時から 行っています。

 

甲状腺の疾患

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME