メニュー

ワクチン

 

当院では各種ワクチン接種を行い、病気の予防に力を入れています。

 

【接種可能なワクチン】

➀ インフルエンザワクチン

② 肺炎球菌ワクチン

④ 帯状疱疹ワクチン

③ 麻しん風しん混合ワクチン

⑤ 子宮頸がんワクチン

 

【費用一覧】

ワクチン名  費用(税込み)

 インフルエンザ

 ワクチン

 接種券をお持ちの方:0円

 任意接種の方:

 1回目 3500円

 2回目 3000円

 肺炎球菌ワクチン

(ニューモバックス)

 接種券をお持ちの方:1500円

 任意接種の方:8000円

    帯状疱疹ワクチン

    弱毒生水痘ワクチン:8000円

 不活化ワクチン

 (シングリックス):

  22000円×2回

 麻しん風しん混合

 ワクチン

 ワクチン接種対象の方:0円
 子宮頸がんワクチン

 接種券をお持ちの方:0円

 任意接種の方:

 ガーダシル(4価)17800円 × 3回

 シルガード(9価)29800円   × 3回

・インフルエンザ以外のワクチンは予約が必要です。

・任意接種ワクチンは予約時に費用をお支払いいただいております。

 

インフルエンザワクチン

   ご予約は不要ですので直接ご来院ください。初診の方も接種できます。

   インターネット予約、電話予約も受け付けております。

   例年、11月末には在庫がなくなることが多く、ワクチン接種後に体内で

           抗体ができるまでには2~3週間かかります。

          ご希望の方は、インフルエンザ流行前にお早めにご検討ください。

   【費用】

   ・任意接種の方(当院では5歳以上の方を対象にしています。)

    1回目 3500円(税込)

    2回目 3000円(税込) 

   (13歳未満の方は、2回接種が推奨されています)

   ・高齢者の方(高齢者インフルエンザ予防接種予診票をお持ちの方)

    自己負担金 0円

 

    中学生までは保護者同伴でお願いします。

    未成年の方は、保護者の署名がある予診票を

    お持ちになってください。(事前に受け取りに来てください。)

 

 【接種をお勧めする方】

  •  ご高齢の方、基礎疾患がある方(そのご家族の方)
  •  集団生活をされている方
  •  発熱が心配な方
  •  受験生の方(そのご家族の方)

 

 【ワクチン製造株】

   本年度のインフルエンザワクチンでは、以下の4株がワクチン製造株として

   選定されています。

           ( A型株2種、B型株2種)。平成26年まではA型2種、B型1種の

   3価ワクチンでしたが、平成27年以降は、B型が1種追加されて

   4価ワクチンとなり、B型インフルエンザ対する

   効果がより高くなりました。

    A型株
      A/ビクトリア/1/2020(IVR-217)(H1N1)
     A/ダーウィン/9/2021(SAN-010)(H3N2)
   B型株
     B/プーケット/3073/2013(山形系統)
     B/オーストリア/1359417/2021(BVR-26)(ビクトリア系統)

 

 【ワクチンの効果について】

   インフルエンザにかかるときは、インフルエンザウイルスが口や鼻などの

   粘膜から体の中に侵入することから始まります。体の中に入ったワクチンは、

   次に細胞の中に侵入して増殖します。 

   この状態を「感染」といいます。ウイルスが増えると、数日の潜伏期間を

   経て、発熱や喉の痛み等のようなインフルエンザの症状が出現します。

   この状態を「発病」といいます。

   発病後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の

   重い合併症が現れ、入院治療を必要とする方や死亡される方もいます。

   これをインフルエンザの「重症化」といいます。

   特に基礎疾患のある方や高齢の方では重症化する可能性が高いと

   考えられています。

   インフルエンザワクチンには、「発病」を抑える効果が一定程度認められて

   いますが、ワクチンを打つことの最も大きな効果は、「重症化」を予防する

   ことです。

   国内の研究によれば、65歳以上の高齢者福祉施設に入所している

   高齢者については34~55%の発病を阻止し、

   82%の死亡を阻止する効果があったとされています(注1)。

 

   厚生労働省 インフルエンザ対策より

   注1:平成11年度 厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業

   「インフルエンザワクチンの効果に関する研究」

 

肺炎球菌ワクチン

     一般的に、65歳を過ぎると、肺炎に罹患するリスクが高まります。

  肺炎球菌は、日常でかかる肺炎(市中肺炎)の中で最も多い原因菌として

  知られています。

  また、インフルエンザに罹患すると、2次感染として肺炎球菌に罹患する

  確率が高いことも知られています。

  このような感染症を予防するために、65歳を過ぎたら肺炎球菌ワクチンを

  接種することが非常に重要です。

 

  肺炎球菌ワクチンとは

  肺炎球菌には90種類以上の血清型があり、定期接種で使用される

 「23価肺炎球菌ワクチン(商品名:ニューモバックス NP)」は、

 そのうちの23種類の血清型を予防の対象としたワクチンです。

 この23種類の血清型は、成人侵襲性肺炎球菌感染症の原因の約6割~7割を占める

 という研究結果があります。

 

  ★ 定期接種の方 ★  接種券をお持ちください。

 ① 65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方

  定期接種の対象者は毎年度異なるため、

        接種の機会を逃さないようにご注意下さい。

 ② 60歳から65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に障害がある方。

   免疫の機能に障害がある方。

 

  ★ 任意接種の方 ★  8000円(税込み)

  上記以外の年齢の方。

  過去に高齢者を対象にした23価肺炎球菌ワクチンの接種を受けたことがある方。

  初回接種後5年たつと効果が弱まってくるので 

  5年ごとの接種が勧められています。

 

帯状疱疹ワクチン

  帯状疱疹は、水ぼうそうと同じウイルスで起こる皮膚の病気です。

  体の左右どちらかの神経に沿って、

  痛みを伴う赤い斑点と水ぶくれが多数集まって帯状に生じます。

  通常、皮膚症状に先行して痛みが生じます。

  その後皮膚症状が現れると、ピリピリと刺すような痛みとなり、

  夜も眠れないほど激しい場合があります。

  多くの場合、皮膚症状が治ると痛みも消えますが、

  神経の損傷によってその後も痛みが続くことがあり、

  これは「帯状疱疹後神経痛(PHN)ピーエイチエヌ」と呼ばれ、

  最も頻度の高い合併症です。

  また、帯状疱疹が現れる部位によって、角膜炎、顔面神経麻痺、

  難聴などの合併症を引き起こすことがあります。

  日本人成人の90%以上は、帯状疱疹の原因となるウイルスが

  体内に潜伏しており、80歳までに約3人に1人が帯状疱疹を

  発症するといわれています。

 

  50歳以上の方は、ワクチン接種が可能です。

  帯状疱疹ワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンがあります。

  ・生ワクチンは、病原体となるウイルスや細菌の毒性を弱めて

   製造されています。

  ・不活化ワクチンは、病原体となるウイルスや細菌の感染力を失活、

          もしくは病原体を構成する物質をもとにして製造されています。

 

 商品名 乾燥弱毒生水痘ワクチン シングリックス
ワクチンの種類 生ワクチン 不活化ワクチン
接種回数 1回 2回
費用(税込) 8000円 22000円×2回 
発症予防効果 51.3% 50歳以上 97.2%
70歳以上 89.8%
神経痛抑制効果 66.5% 50歳以上 100%
70歳以上 85.5%
効果の持続期間 5年程度 9年以上
長所

・費用が手ごろ

・1回接種で済む

・予防効果が高い

・持続期間が長い

短所

・予防効果で劣る

・持続期間が短い

・免疫低下の方は

 接種不可能

・費用が高額

・2回接種が必要

・副反応が多い 

 (接種部位の疼痛78%

  3-7日で改善)

 

 

麻しん風しん混合ワクチン

  ■風疹の追加的対策について

  対象:1962年(昭和37年)4月2日から1979年(昭和54年)4月1日までに

  生まれた男性(風しんのみ

  背景:風しんは、平成30(2018)年7月末から令和元年(2019)年にかけて、

  30歳代から50歳代の男性を中心に、全国的に流行しました。

  このような状況を受けて、風しん予防接種を受ける機会がなかった

  昭和37(1962)年4月2日から昭和54(1979)年4月1日の間に生まれた

  男性を対象に、風しん抗体検査および予防接種法第5条第1項の規定に基づく

  風しんの定期予防接種を実施しています。

  自治体から無料のクーポン券が発行されていますので

  まずはクリニックで風しん抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、

  十分に抗体を保有していないことがわかった方はぜひ

  定期予防接種を受けましょう。

  練馬区 健康部 保険予防課 予防係

  https://www.city.nerima.tokyo.jp/hokenfukushi/hoken/yobo/teiki_rubella_2019.html

 

 ■ また練馬区では、下記の方を対象に、風しん抗体検査費用と

  風しん予防ワクチン接種費用を全額助成しています。

  対象の方は、ぜひ検査を受けてください。

  対象:① 妊娠を希望している女性

     ② 妊娠を希望している女性の同居者

     ③ 妊娠中の女性の同居者

   ①~③ いずれも19歳以上の方。

    また、①~③とも、妊娠している方、風しんの既往がある方、

    風しんの予防接種歴がある方は除きます。

 

  希望されるか方は、まず練馬区 健康部 保険予防課 予防係 

  に申し込みをして、送付される書類をお持ちになり、

  クリニックを受診してください。

  抗体検査の予約は不要ですので、直接ご来院ください。

  個体検査の結果、抗体価が低い方については、ワクチン接種が対象になります。

  練馬区 健康部 保険予防課 予防係

  https://www.city.nerima.tokyo.jp/hokenfukushi/hoken/yobo/koutaikensa.html

 

子宮頸がんワクチン

 ヒトパピローマウイルス(HPV)は、性的接触のある女性であれば

 50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。

 子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭コンジローマ等

 多くの病気の発生に関わっています。

 

 ★定期接種★

 対象:  小学校6年~高校1年相当の女性

 

 ★キャッチアップ接種★

   通常のHPVワクチンの定期接種の対象年齢の間に

 接種を逃した方を対象にキャッチアップ接種が行われています。

 対象:平成9年度生まれ~平成17年度生まれの女性

        (誕生日が1997年4月2日~2006年4月1日)の女性 

     過去にHPVワクチンの接種を合計3回受けていない 

   これらの方々は、

  令和4(2022)年4月~令和7(2025)年3月の3年間

 HPVワクチンを公費で接種できます。

 

 接種スケジュール:

 4価ワクチン(ガーダシル) 2ヵ月の間隔をおいて2回接種を行った後、

 1回目の接種から6ヵ月の間隔をおいて1回の接種を行います。

 

★任意接種の方★

商品名 ガーダシル シルガード
  4価 9価
予防できるHPV 16、18、6、11型

ガーダシルの4価に加えて

31/33/45/52/58型 が追加

費用(税込) 17800 × 3回 29800円  × 3回

* 当院では、男性へのHPVワクチン接種は、ガーダシルのみとしております。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME