メニュー

アレルギー・皮膚疾患

アレルギー

皮膚疾患

 

【アレルギー】

  • 花粉症
  • じんま疹
  • アレルギー性鼻炎

 【検査】

        (イムノキャップラピッドアレルゲン8)

 

 

【エピペンの処方】

 

 

 

 

アレルギーの検査

VIEW39

「鼻水がでたり目がかゆくなるけれど、原因がわからない」

花粉症、じんま疹、アレルギー性鼻炎・結膜炎などのアレルギーでお困りの

患者様には、1回の採血で39種類のアレルギーの原因 (アレルゲン) を調べる検査があります。

 

それぞれのアレルゲンに反応する血液中のIgE抗体 (特異的IgE抗体)の量を測定し、

量によってクラス0から6まで7クラスに分類します。

クラスが高いほどアレルゲンである可能性が高く、

重篤な症状を引き起こす危険性があります。

 

判定 MASTクラス 測定値
陰性 0 0~1.39
疑陽性 1 1.40~2.77
陽性 2 2.78~13.4
3 13.5~58.0
4 58.1~119
5 120~159
6 160~200

 

また、アレルギーの原因物質だけではなく、体の中のアレルギー反応が

どの程度あるのかを調べる指標である総IgE、好酸球数も測定します。

ただし、IgE抗体が証明されてもアレルギー症状がなく、

実際のアレルギーの有無と検査結果が一致しないこともありますので、

実際の症状と合わせて結果を判断して治療していきましょう。

 

〇 検査の流れ

 診察後に採血を行い、結果がでるまで1週間程度かかります。

 

〇費用

  検査費用は、3割負担の方で5000円程度です。

  他の採血項目の費用、初診料や再診料などがかかります。

 

 

 

イムノキャップキャップラピッドアレルゲン8

指先からの採血で、当日20分で結果がでます。結果が出るまで外出していても大丈夫です。

測定できるアレルゲンは、以下の吸入系アレルゲン8項目で、食物アレルギーなどは検査できません。

判定は、陰性、陽性、強陽性の3クラスです。

 

 

 

抗ヒスタミン薬は、眠気の副作用などがありますので

症状を伺いながら、それぞれの方にあったお薬を処方いたします。

眼や鼻、のどの症状が強い方は点眼薬、点鼻薬を組み合わせると症状が楽に

なりますので、ご相談ください。

また、エピペンの処方も行っています。

こちらは予約制になりますので、お電話もしくは

インターネットからご予約ください。

 

 

【皮膚疾患】

  • 湿疹
  • 皮脂欠乏症(乾燥によるかゆみ)
  • 手湿疹
  • あせも (汗疹)
  • 虫刺され
  • 水虫

 プライマリーケアとして皮膚疾患を診察しています。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME